*

亜鉛は女性ホルモンの分泌を促進させる

不妊にならないように必要な栄養素を食事やサプリの形で摂取してみましょう。
ここ数年で晩婚化が急増していて35歳を過ぎてしまうと不妊の確率が高くなってしまいます。
不妊の原因は女性だけではなく男性にもあるのでお互いに不妊の事は考えていかなければいけません。
不妊の原因が男性にある場合は精子の質や数の低下、女性にある場合は子宮や卵巣の機能が低下する事による排卵障害が挙げられます。
精子の質や数の低下や子宮や卵巣の機能が

低下する事による排卵障害は共に生活習慣が乱れていたり栄養バランスが偏っていたりする事が原因として挙げられます。
そのため睡眠をしっかり取りタンパク質など必要な栄養素を食事でしっかり摂取していく事が大切です。
妊娠しやすい体を作るために摂取しておきたい栄養素は葉酸です。
葉酸は胎児に障害が出ないようにする作用があるので健康な胎児が生まれてくるためには欠かせない栄養素です。
葉酸は食事ではなかなか摂取出来ないのでサプリで摂取するというのが一般的です。
サプリだと持ち歩くという事も出来るので外出中でも摂取する事が可能です。
葉酸以外では不足になりがちな亜鉛を摂取する事も大切です。
亜鉛は女性ホルモンの分泌を促進させる作用があるので妊娠しやすい体を作るためには必要な栄養素です。
食べ物だと牡蠣などに含まれていますが、サプリにも含まれているので摂取するようにしましょう。
不妊サプリに手助けしてもらって、妊娠を目指しています